Road To MASTER
第6話 「コンバットデジQは道具である」
<<Road to MASTER TOP

「コンバットデジQは道具である」
「前回までのお話」
激論を交わした末、車体の形状をデフォルメデザインにし、具体的なデザインも何とか今の形状へと落ち着きました。ネーミングは大先輩の「コンバットチョロQ」の伝説に近づきたいと「コンバットデジQ」に決定!IR受光センサーの搭載位置をめぐっては、苦悩の末、実際の戦車の構造からヒントを得て対戦可能なコンバットデジQが完成したのです!喜びもつかの間今度はソフトウェア制作の問題が・・・!
※コンバットチョロQは株式会社タカラの商標です。

戦車とコントローラーのおおまかな仕組みが決まりつつあった頃、開発にもう一つの山場が訪れていました。コンバットデジQのゲームシステムを支えるソフトウェア制作です。ただ走るだけのRCタンクと違いコンバットデジQには遊び方のスタイルが選択出来る3つのゲームモードと2つの対戦形式が選択出来るようになっています。遊ぶ人の意志により様々に組み合わせて遊べるこのシステムは操縦技術の違うプレイヤーが対等に楽しく遊べるように作られています。

自分だけの楽しみ方

ご存じのようにコンバットデジQにはコレといって決まった遊び方はありません。この公式サイトでもオフィシャルゲームなるものを紹介していますが、それはコンバットデジQを使った遊びのほんの一例にすぎません。コンバットデジQは1つの道具であり、その道具の持つ機能を生かして遊ぶ人が自分だけの楽しみ方を考える・・決まった遊び方しか出来ないオモチャやゲームが多い現在において、コンバットデジQにはプレイヤーが考えて楽しむ余地を残したソフト作りがテーマとなりました。とはいえ、選択される各モード間でゲームが破綻しないように考え、かつ明確な効果が出るようにするには多くの時間を必要とし、設定を変えてはテストプレイに明け暮れる日々が生産移行の間際まで繰り返されました。

陣取りコンバット
アイディア次第でいろんな遊び方ができる!
<オフィシャルゲーム:陣取りコンバット

対戦ゲームセットDX
対戦ゲームセットDXに同梱されている
フィールドを使ってゲームを考えるのもOK

公式サイトでは様々な遊び方を紹介してきました。
この遊び方を参考に自分だけの『遊び方』をみつけて下さい!
遊び方
必勝テクニック 
フィールドを作ろう!
プレイアラカルト〜対戦編〜
プレイアラカルト〜ハンデキャップマッチ編〜
プレイアラカルト〜スキルアップ・番外編〜

最終話「現代とコンバットデジQ」へつづく

自分だけで考えるオリジナルバトルに友達と一緒に考えるオリジナルバトル!遊び方はドンドン広がっていくね!
曹長


<<Road to MASTER TOP