Road To MASTER
豆知識<3> 戦車は無敵のヒーロー?
<<Road to MASTER TOP
強さの象徴「戦車」
戦車というと、兵士にとってはやっぱり強さの象徴だったんですかね?
曹長
曹長
大尉
大尉
そのようだぞ。前線の兵士たちは、戦車が来ると喜んでおったそうだ。
写真でみたんですけど、戦車の上に兵士が乗って移動していますよね。
曹長
大尉
あれはな、実はかなり危険なんだ。戦車というのは大きいため攻撃目標にされやすく、真っ先に狙われるのだ。装甲があるのでライフル弾なぞではびくともしないが、周りにいる生身の兵士は・・・。
あわわ。ましてや、砲撃されたり爆弾を投げつけられたりしたら一発ですね。
曹長
大尉
それに、戦車は視界が悪いからな。戦場で余りにも近くにいると、いきなり動き出した戦車に当たったりひかれたりしてしまう。
それも恐いですね。
曹長
大尉
戦車は敵に対して脅威を与えるが、それ故にイチ早く倒しておきたい目標物でもあるのだ。
しかし、タイガーが攻めてきたら、兵士は恐いでしょうねぇ。
曹長
大尉
タイガーI型 砲塔旋回仕様うむ。タイガーはあちこちで強さを発揮したからな。それが風評に乗って、連合軍全体に行き渡った。末端に行くに従って話に尾ひれが付き、伝説のようになってしまったのだ。これで、実際に連合軍兵士の士気も落ちたそうだぞ。
でも、広い国土に対してタイガーの配備数は少なかったんですよね?
曹長
大尉
あぁ、大戦中、一度も実物のタイガーを見たことのない連合軍兵はかなりいたそうだ。
それでも、存在そのものが恐怖の対象となる。すごい戦車ですね。
曹長
大尉
しかし、当時の連合軍にとって最大の脅威は、実は戦車そのものよりも後方に待機する修理部隊の存在だったそうだ。
えっ、それはまたナゼですか?
曹長
大尉
頑丈な戦車は、多少壊れても自走、または牽引して自陣へ戻ることができる。そして修理部隊がすぐさま直して即座に戦場へ復帰させていたのだ。ドイツ軍の修理部隊は優秀で、短い修理時間で完璧に直してしまったらしい。
それじゃ、いくら叩いてもキリがないですね。
曹長
大尉
そこで連合軍は、戦場もそうだが修理部隊をまず叩くことを至上命題としたそうだ。
修理部隊無くして、戦車の再生は不可能ですもんね。
曹長
大尉
うむ。修理部隊の全滅に成功したときから、連合軍の侵攻が早まったとも言われておる。
それほど、修理部隊は大事だったんですね。
曹長
大尉
コンバットデジQもそうだぞ。日頃のメンテナンスを怠っては、本来の性能が発揮できないのだ。これを忘れるな!
はい(・・・たまにはいいこと言うなぁ)
曹長
大尉
では、わしのシャーマンのメンテをしてくれんか。シャフトにホコリが詰まってのぉ。あと、キャタピラの掃除もしておけよ。
俺がするのかよ!
曹長
<<Road to MASTER TOP